エステ・スクールの役務に対応可能なクレジットカード決済導入をお考えなら、

株式会社ミューチュアルトラスト

カード決済新規導入のご相談はこちらから

0120-77-9010

受付時間 平日・土日 10:00-19:00

1 / 10123...10...最後 »

エステサロンを応援するクレジット決済会社社長のブログ (page 1 of 10)

【キャッシュレス化について考える】

久しぶりのブログに大きなテーマを放り込んでみました。

テーマが大きいだけに何度かに分割して考えたいと思います。

 

政府が強めに介入している、ということで連日ニュースや新聞で目にしますね。

「キャッシュレスを現在の20%⇒40%を目指す」

「キャッシュレス決済を行った場合増税分の2%を消費者へ還元する」

「カード決済の加盟店手数料を3.25%を上限にカード会社へ要請か」

など、最近急にこの手の話題を目にすることが増えました。

 

国際社会の水準に合わせていきたいようですが、

日本という国の特性もあってなかなか進んでいないようです。

そこでそのあたりも交え、個人的な見解も含めてお話ししてみたいと思います。

 

まずは今回は国際的なキャッシュレスの現状を見てみましょう。

 

キャッシュレスといえばクレジットカード決済が最初にイメージされると思います。

実はこのカード決済というのは「脱税を防ぎやすい」というメリットが国側にはあるようです。

一番大きな理由は「利用履歴が残る」という点ですかね。

 

現金のやり取りというのは不透明な部分も多いですよね。

不正な領収書などを利用したり、ペーパーカンパニーを噛ませたり、

現金を生み出すというんでしょうか、畳の下から現金出てきたりとか見たことありません?(笑)

ちょっとうまく例えられなくてすみません(笑)

 

不正な現金収益があった場合に、過度なカード履歴が残ってしまうと

収支のバランスが合いませんので当局の目につきやすいのかもしれません。

私は、諸外国では日本でいうところのマイナンバーカードのようなIDで紐づけされていて、

日本より資産が管理されてるようなイメージがあります。

こんなところでしょうか。

 

キャッシュレス先進国ともいえる韓国は

どのようにしてキャッシュレスが進展したのかを簡単に確認してみましょう。

 

まず現在日本のキャッシュレスの現状についてですが、

先にも示した通り現在は約20%という水準です。

韓国がダントツで89.1%となっていますね。

実は韓国については、今回の日本同様、政府主導でキャッシュレスが推進されました。

2000年から会計を透明化するために(脱税を防ぐために)作られたのが

カード利用に伴う税金控除の制度でした。

 

個人が年間20%の所得税控除を受けられるようにして、

年末調整や申告の時に上限30万円までの還付を受けることができるようにしたんですね。

 

また、年商240万円以上の店に対してクレジットカードの取り扱いも義務付けました。

日本政府案としては「中小の小売店」との案のみで規模が確定してません。

 

変わったところでは、毎月1,000円以上カードを利用すれば毎月分宝くじに参加できる、

など、韓国では様々な施策でキャッシュレスを進めたんですね。

 

しかし、かなり政府主導なのが見て取れますね。

 

 

ちなみに現金使用率(現金を使わない国)として、スウェーデンは約2%しかないそうです。

この現金使用率はGDPにたいしての現金の流通量だそうです。

わかりずらいかもですが、とにかくそれだけ日常的には現金が使用されていない、ということです。

 

ちなみにスウェーデンのキャッシュレスが進んだ要因はスウェーデンの6社の銀行で開発された、

スマホアプリ『Swish』によって、電子決済での支払いも簡単になったとも言われています。

 

この点は中国も「アリペイ」「ウィーチャットペイ」などに代表される決済が生まれたことで

爆発的にキャッシュレスが普及した要因と言われてますね。

 

またスウェーデンの銀行では、口座さえあれば

7歳以上の子供からデビットカードを発行できるということで、

デビットカードの普及率も約97%もあるそうです。

 

次にキャッシュレスが普及した各国の背景を見てみましょう。

色々な意見がありますが主な理由を簡単にまとめておきます。

①治安の悪さ

②現金を手に入れられない環境

③銀行口座の保有率の低さ

④自国通貨への不安

⑤スマホの普及

 

つまり日本は真逆なんですね。

①治安はいい

②ATMが充実

③銀行口座の保有率の高さ

④円は国際的にも安心

⑤のスマホの普及についてだけ共通してますかね。

 

①日本の治安の良さは誰もが認めるところでしょう。

現金を持ち歩いていてもめったなことで強盗などには会いません。

 

国連のデータによりますと、米国の強盗発生率は日本の約40倍、フランスは約70倍、中国は非公表。

殺人についても、米国は日本の約15倍、フランスは約4倍、中国は約3倍。

 

ちなみにブラジルでの強盗発生率は日本の400倍、殺人は約100倍(7件以上/1時間)

とも言われています。

想像を絶しますね。。。

 

また、各国ともに住居侵入・窃盗などの発生率も高いようです。

たしかに怖すぎて現金を持ち歩けないですね。

というか旅行に行くのも尻込みしますね。。。

 

②ATMの充実もわかりますよね。

銀行の支店網も充実していましたが、平成10年ごろからコンビニATMの普及が開始したことで

輪をかけて現金を入手しやすくなりましたね。

あとこれは①にも付随すると思います。

ATMを破壊するような強盗などもまず無いですし、ATMで現金を下ろしても強盗に会わないですしね。

 

③銀行口座の保有率という項目について、

実はこのキャッシュレスの普及というのは、

仮想通貨の普及と似ているんです。

 

まず日本の成人の銀行口座の保有率はほぼ100%だそうです。

ですが、世界を見るとまだまだ低く、保有率は高くはありません。

↓↓↓

世界の銀行口座保有率は2011年の51%から2017年は69%に上昇。

 

この数年でかなり銀行口座保有率は上昇しましたが、

中国では銀行口座を持たない人の数は未だ約2億2400万人に上り、

インド、パキスタンではそれぞれ、1億9100万人、9000万人余り、

米国でも約1800万人となっているそうです。

各国1-2割の人々は口座を保有しておりません。

アフリカ各国はそれ以上ですよね。

 

口座を持たずに通貨のやり取りが出来るという点で、中国でも仮想通貨やQR決済、アリペイ、ウィーチャットペイなどが普及したと言われています。

 

④自国通貨への不信について、代表的な国が中国でしょう。

ここでいう自国通貨への不信からのキャッシュレスという流れとしては

仮想通貨を含んでます。

 

中国では今年のはじめ、偽札の大量製造も話題となりました。

 

そして自国通貨の信用不安からビットコイン売買⇒外貨獲得へと動く国民が増加、

そのため当局が規制へと動きました。

 

現在も仮想通貨に関する取引所は閉鎖、ICOなども禁止されています。

 

ベネズエラや北朝鮮でのデノミ、インドでの高額紙幣の廃止など、日本では考えられないような

各国当局による強引な規制もありましたよね。

 

⑤スマホの普及については、上記①~④を踏まえた結論になりますが、

治安が悪いので現金を持ち歩きたくない(家に置いとけない)が

銀行口座を保有してないので預ける先も無い、そのためATMも不要、

そして自国の通貨を信用してない(自分の資産がいつどうなるかわからない)人達が、

スマホの普及に伴い、スマホ上に自分の資産保有できる環境が整ったため、

一気にキャッシュレスが加速した

と考えられます。

 

これに併せて、単純な話、店舗側も先進国のように時間をかけて

既決済インフラが整っていたわけでないため、

初期コストが安価で最新の決済システムが普及しやすい環境にあったことは

言うまでもありません。

 

金融システムや決済システムよりも早くスマホとインターネットの普及が一気に進んだため

新しい決済システムが先に普及したということです。

 

また日本のように、これまでの決済インフラを根本から見直さざるを得ないような環境でない

(既決済との総取替が不要)ということも普及しやすかった要因だったのではないでしょうか。

 

何をするにもこれから、みたいな国々ですから。

 

日本は変に決済手段が多様化しすぎたようにも思えます。

導入済みの店舗についてはコストをかけた既決済システムがあるし

それが使えなくなるわけでもないので、なかなか新しい決済システムが広がらない。

現金比率も高いので、無理して新しい決済システムを導入する理由も無い。

 

日本はインバウンドに備えたボーダーレス化に伴いキャッシュレス化を進めたい、という意図が強いようですが、全く日本と異なるお国事情があって、しょうがなくというか、成るべくして成ったというか、日本とは異なる背景でキャッシュレスが進んだ事実もあることを、まずは認識しなければなりません。

 

ちょっと私が疲れたので、まずはここまでにします(笑)

【第13期に向けて】

ブログもなかなか更新できず、

で、気が付けば平成30年9月30日をもって第12期が終了し、

第13期目がスタートしていました。

 

会社としては12期もたくさんのご縁を頂きました。

私自身は少し現場仕事が減ったような気がします。

これまでより個人的なご縁が減ったかもしれませんが、

より深いご縁となった方も。

 

そしてその深いご縁が新たなビジネスチャンスへと繋がったものも。

これからになりますが、新たに皆さまにご案内できる商品も生まれそうです。

本当にありがたい限りです。

 

そういえば、ご存知の方も多いと思いますが、

この「ありがたい」という言葉。

漢字で書くと「在り難い」。

 

在ることが難しい、特別なことという意味だそうです。

となると、反対語は「当たり前」。

 

なにげなく日常的に使う「ありがとう」ですが、

誰かしらへ贈る言葉ですよね。

自分自身へ使う言葉ではないですよね。

 

いただいた好意は「当たり前」のことでなく「特別なこと」。

だからこそ贈る「ありがとうございます」という言葉。

そして自分が感じる「ありがたい」という気持ち。

 

いただいたご縁は「当たり前」のことではなくて「在り難き特別なこと」。

そのことを忘れずに社員一同第13期も邁進してまいります。

 

皆さま第13期も宜しくお願い致します。

 

株式会社ミューチュアルトラスト

代表取締役 西本 政美

【西日本豪雨被害への支援についてご報告】

この度の西日本豪雨により被災された皆様

ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに

亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。

 

まだ2か月しか経ってないんですが、

この2か月で「台風21号」による列島縦断での被害、「平成30年北海道胆振東部地震」と

立て続けに大きな被害が発生し、西日本豪雨被害がかき消されるような出来事が続いております。

 

弊社としても、何かお役に立てることを考え、

ホームページやFacebookなどでもお知らせしておりますが、

エステティックグランプリ様、Okayama Beauty Summit様を通じ、

ブログでのご報告が遅れましたが、7月中に、2度にわたり物資を支援させていただきました。

 

これまでお送りした支援物資を掲載いたします。

◆タオル雑巾 1ケース/10枚組×36パック(360枚)

◆軍手 1ケース(60ダース/720双)

◆ゴミ袋70L半透明600枚入り 3ケース(1,800枚)

◆缶ジュース 12ケース(30缶×10ケース、24缶×2ケース、計348本)

◆メンズ長袖Tシャツ 50着(Sサイズ10着、Mサイズ20着、Lサイズ20着)

◆作業用ズボン カーゴパンツ 15着(ウエスト79㎝、82㎝、85cm、各5着)

 

主に清掃作業で必要になる雑巾、ゴミ袋、軍手。

長袖Tシャツ、作業用ズボンは被災地の清掃等の作業で暑さと汚れで、

生地なども傷み、消耗し、消費が早いそうです。

 

缶ジュースは子供に人気だそうです。

暑い日も続いていましたからジュースで子供が笑顔になれればいいな、

と思い送らせていただきました。

 

しかもこの2か月で先に上げたさらなる天災が続いております。

今後も必要に応じて各所へ支援を続けていきたいと思っております。

 

社会の公器である会社という存在の在り方。

皆さまからいただいた大切な売上、利益を何に使うのか、どうシェアしていくのか。

地域社会との関わり合い、お互いの支え合い、繋がり、、、

天災というのは色々なことを考えさせられます。

 

南海トラフ地震から首都直下型地震というのも近い将来に、とも言われています。

 

「備えあれば憂いなし」

 

皆さまも気を付けてお過ごしください。

そして皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

株式会社ミューチュアルトラスト

代表取締役 西本 政美

【キッザニア的職業体験~エスグラ~】

かなり空きましたが久しぶりのblog。

忙しいと理由を付けて更新がおろそかになりがち、

そんな皆さんあるある。

 

プライベートでは2/18にキッザニアに行ってまいりました。

右がうちの子、3歳です。

日曜日ということもあり混んでましたね。

ま、改善は難しいと思いますが、子供が体験している間の親の待ち。

椅子も無く立って見届けるのみ。

厳密には椅子やベンチがあるところもありますが、ほぼ無いも同然。

体験が終われば「抱っこ」と甘える可愛いわが子も10kgを超えると

40歳を超える我が身は満身創痍。

 

そんな中、今回は看護師、消防士、パイロット、コックと4つほど体験。

 

今回はわかりやすくキッザニアをモチーフにしましたが、

エステティックグランプリの新たなお試しコンテンツについてご紹介したいと思います。

高校生を対象とした「エステティシャンの職業体験」です。

これはエステティックグランプリ中四国支部の昨年度開催のチラシです。

いい取り組みですね。

 

少子高齢化を迎え、様々な業界で労働人口の減少を迎えていきます。

2050年には総人口は1億人を切ります。

そして38%以上が65歳以上となり、

2060年には1人の高齢者を1.2人で支える時代を迎えます。

 

「憧れの職業 第一位 エステティシャン」

そんな日に近づけるよう様々な取り組みを続けるエステティックグランプリ。

今年度はこの職業体験を関東甲信越支部で取り組むことになりました。

 

お声がかかったサロン様、高校の関係者の皆さま、

是非ご協力くださいますようお願い申し上げます!

【年末のご挨拶】

皆さま早いもので2017年も大晦日を迎えました。

弊社は10月1日をもちまして第12期目を迎えました。

これもひとえに取引先の皆さまをはじめとし、応援してきてくださった皆さま、地域社会、かかわる全ての方々のお陰であり、この場をお借りし、スタッフ一同心より感謝申し上げたいと思います。

第11期ではエステティック通信より

 

成長企業銘柄2017 美容業界を牽引する急成長企業26社

にも選出いただきました。

 

個人的には2018年は後厄を迎えますので健康に留意したいと思っております。

 

今後もより一層皆さまのお役に立てるよう従業員一同業務に邁進していきたいと思います。

皆さま良いお年をお迎えください。

 

第12期の株式会社ミューチュアルトラストもどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

株式会社ミューチュアルトラスト

代表取締役 西本 政美

1 / 10123...10...最後 »